さあいよいよだ。

2019年の国際大会は実質、此所からスタート。
モントルー・バレーマスターズは言うなればプレ国際大会。

2019年全日本の前半戦のメインの幕が切って落とされる。

ネーションズリーグ2019。

201803270081_ex

※ネーションズリーグの実施詳細は「ネーションズリーグ2019メンバー発表+まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32065194.html?jprank=1&cat=186

※ネーションズの放映日程は「ネーションズリーグ2019 テレビ放映まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32056788.html?ref=head_btn_prev&id=7269558


■ネーションズリーグ2019の登録メンバー

ネーションズリーグ2019メンバー


※詳しくは日本バレーボール協会のHPを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/vnl_women/member

勿論、全員が第一次ラウンドに参加する訳ではなく、上記の登録メンバーの中からラウンド事に入れ替えを行う。出場するかどうかは定かではないがこの時期にしては珍しく荒木絵里香選手も登録されている。

GalleryPic (35)


尚、第一次ラウンドの出場メンバーは以下の通り。

2.古賀 紗理那選手
3(C).岩坂 名奈選手
4.新鍋 理沙選手
7.石井 優希選手
11.鍋谷 友理枝選手
12.佐藤 美弥選手
13.奥村 麻依選手
14.小幡 真子選手
18.山岸あかね選手
20.渡邊 彩選手
21.長内 美和子選手
24.芥川 愛加選手
25.関 菜々巳選手
27.中川 美柚選手

モントルー・バレーマスターズの登録メンバーのうち、宮下、黒後、今村選手が外れている。


さて、第一次・ブルガリアラウンドの焦点は…。

基本、モントルーと同じメンバー。
言うなれば、少しずつ本腰をいれてくる各国に新戦力がどの程度通用するのか?

そこが最大の見所となる。

モントルーで最も華々しい活躍を見せたのは長内美和子選手。

日立リヴァーレの若きエース。
彼女は常に注目を集める存在ではないが、デビュー は常にセンセーショナル。

V-leagueのルーキーイヤーだった2016/17シーズン。岡山シーガルズ戦で第一セット途中からスタメン出場し、20得点をあげ勝利に貢献。一躍脚光を浴びる。

9f58af0b

このあたりの事情は、彼女はバレーボーラー「月刊シリーズ・しょーとしょーと ファイル.14 長内美和子選手」に詳しい。→http://volleyballplayer.blog.jp/archives/36255135.html

モントルーでは日本チームのベストスコアを収め全体の7位にランク。

ここ数年のサイドアタッカーとしては、最もセンセーショナルな初陣を飾った。

今回はブルガリア、アメリカ、ベルギーと高さはあるが、比較的楽な相手。
勿論、アメリカという大敵に挑むが、どこまでやれるか注目したい。

まだ世界の一線級と闘った訳ではないので何とも言えないが、もしかしたら全日本の救世主というか秘密兵器になり得る存在。

注目したい。



もう一人の注目はゴールデンルーキー・関菜々巳選手。

こちらはV-leagueファンなら記憶に新しい東レアローズの快進撃を担った一人。

5de19d8671e50bb9724b6709944d2c0e

強敵JTマーヴェラスを蹴落とし、レギュラーラウンド4位と最下位からの逆襲を実現。
王者久光製薬スプリングスとの一戦では女子史上初のゴールデンセットへ引きずり込み、惜しくも敗れたものの、今年一番の活躍を見せた東レの存在感を存分に発揮した。

関選手のプロフィールは、彼女はバレーボーラー「月刊シリーズ・しょーとしょーと ファイル.10 関菜々巳選手」に詳しい→http://volleyballplayer.blog.jp/archives/35439135.html


持ち味は積極的にミドルブロッカーを使う点と、リーグ最多のセッター得点を誇るツーアタック。要所で使用する攻撃的セッター。

これからまだまだ伸び代があり非常に楽しみな存在。以後、全日本の司令塔を担える逸材。


ともに一発勝負が得意で度胸は満点。

今年はV-leagueでも稀有なルーキーの当たり年。
今回は出場しないが、次世代大型ミドルの入澤まい選手、堅実なプレイの吉野優理選手など新しい力が全日本に駒を進めた。

他にも楽しみな選手は沢山いるが、それは後日。
まず、モントルーに引き続き、長内、関選手の活躍に注目したい。


さあ、世界各国を転戦する長旅が始まる。


・ネーションズリーグ 第一次ラウンド

FIVB_VNL_2019_Pools_W


・プール1 
ポーランドラウンド

IMG_20190519_034002


0:30

○タイ
3-0
(26-24 25-19 25-22)
ドイツ

タイは例によってフルメンバー。日本帰りのチャッチュオン選手も出場。ドイツもリップマン選手出場で激戦となりそう。タイは戦力的に表裏がないが百戦錬磨。打力で下回るもディグやブロックに強み。ヨーロッパのセカンドクラスと同等以上で今後厄介な相手。

GalleryPic (38)

・ベストスコアラー
プルームジット・ティンカオ選手(タイ)

GetImageD0HZKPAM

13得点




3:30〜

ポーランド
2-3
(15-25 22-25 25-18 25-21 15-17)
○イタリア

モントルー優勝メンバーのポーランドに対し未だエゴヌ、シッラ選手不在のイタリア。
0-2からフルセットに持ち込んだポーランドが惜敗。 

GalleryPic (44)


・ベストスコアラー
マルヴィナ・スマジェク選手(ポーランド)

GetImage (3)

28得点





・プール2 
ブルガリアラウンド

20180625_212739


23:00〜

○アメリカ
世界ランキング3位
3-0
(25-23 25-8 25-22)
ベルギー
世界ランキング19位 

アメリカは主力不在の若手テスト。こちらも若返りを図る最中。それでもサーブやブロックが機能しストレート勝ち。

DanaRettkeformUSAspikes


・ベストスコアラー
アンドレア・ドリューズ選手(アメリカ)

GetImage (5)

12得点




2:00〜

ブルガリア
世界ランキング16位
1-3
(23-25 25-21 19-25 23-25)
○日本
世界ランキング6位


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石井優希選手、長内美和子選手
・オポジット:中川美柚選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:小幡真子選手  

長内、中川選手と若い力と岩坂、奥村選手とキャリアあるミドルの融合で臨む日本。セッターは佐藤美弥選手、リベロは小幡選手で挑む。

GalleryPic (41)


第一セット、中川選手のレフトからのアタックでスタート。ブルガリアはミドルからのフェイント、サーブアウトから日本はライトからのアタックを奥村選手がブロックしてブレイク。ブルガリアは日本のサーブアウトからサービスエース、石井選手のアタックアウトで4-3と逆転。日本は長内選手のバックセンター、石井選手がラリーをブロックアウトで制し5-4。ブルガリア得点から奥村選手のブロードで6-5。ブルガリアはレフトからのクロスで切るも、長内選手のレフトからのクロスで応戦。奥村選手のサーブアウト、長内選手のインナークロスで日本8-7とリード。
ブルガリアは日本のパッシングや長内選手のアタックアウトなどで11-8と逆転し、日本タイムアウト。
日本は中川選手のアタックで切るも、ブルガリアはライトからのアタックで応戦。日本はブルガリアのアタックアウトも、ライトからのアタックで切る。長内選手のレフトからのアタックに対しブロックタッチのチャレンジ失敗で、ブルガリアが16-12でおりかえす。
日本は石井選手のバックセンターでラリーを制すと鍋谷選手をリリーフサーバーに投入。ブルガリアのライトからのアタックアウト、長内選手のレフトからのブロックアウトで15-16に迫り、ブルガリアタイムアウト。ブルガリアはブロードで切ると、長内選手のレフトからのブロックアウトで応戦。ブルガリアはラリーをバックセンターで制し18-17。日本は中川選手のレフトからのフェイントで切るも、ブルガリアはライトからのブロックアウトで制し、更にサービスエースで20-18とリードし日本二回目のタイムアウト。日本は中川選手のライトからのストレートで切るも、ブルガリアはレフトからのクロス、中川選手のライトからのクロスをブロックし22-19とリードを広げる。日本は石井選手のレフトからのブロックアウトで切ると、ブルガリアのレフトからのクロスがアウト、更に奥村選手がレフトからのクロスをブロックし22-22の同点とし、ブルガリアタイムアウト。更にブルガリアのライトからのストレートがアウト判定もブルガリアがブロックタッチのチャレンジ失敗し23-22と日本勝ち越し。さらにブルガリアのライトからのストレートがアウトとなり日本セットポイント。ブルガリアは石井選手のレフトからのアタックをブロックするも、最後は石井選手のレフトからの足の長いアタックで決め、25-23で日本が逆転して第一セットを奪う。

GalleryPic (39)


第二セット、ブルガリアのレフトからのアウトソーシングアウトからスタート。さらにコンビミスで日本ブレイク。佐藤選手のサーブで崩して石井選手のバックセンターで3-0。佐藤選手のサーブアウトからブルガリアのライトからのコート一杯のクロスでブレイク、日本は長内選手のレフトからのアタックで切るも長内選手のサーブアウトで4-3。日本は石井選手のレフトからのクロス、ブルガリアはライトからのブロックアウト、石井選手のレフトからのブロックアウトでラリーを制すと長内選手のバックセンターでブレイクし7-4。ブルガリアはバックセンターで切るも奥村選手のブロードで8-5と日本がリードする。
9-5からブルガリアより日本のフォルトチャレンジ失敗。ブルガリアはレフトからのアタックで切ると長内選手のレフトからのアタックアウト、サービスエース9-9の同点に追い付くと、ライトからのクロスで10-9と逆転し日本タイムアウト。勢いによるブルガリア、長内選手のレフトからのアタックをブロック、ブルガリアのホールディングからタッチネット、ブルガリアのタッチネットで13-11と逆転しブルガリアタイムアウト。ブルガリアはバックセンターで切るとレフトからのブロックアウトでブレイクし13-14。日本は石井選手のレフトからの長いクロス、ブルガリアはレフトからのブロックアウト、日本は石井選手のレフトからのストレートで16-14で日本初がリードする。
ブルガリアはブロードで切ると奥村選手のブロードで応戦。ブルガリアもブロードで切り返すと石井選手のバックセンターをブロックし17-17の同点に追い付く。日本は長内選手のレフトからのクロスで切ると、リリーフサーバー鍋谷選手を投入。ブルガリアは石井選手のレフトからのアタックをブロック、長内選手のレフトからのフェイント、ブルガリアのレフトからのクロスで19-19。ブルガリアが中川選手のレフトからのアタックをブレイクし1点勝ち越して日本人タイムアウト。日本は中川選手のレフトからのプッシュで切ると、ブルガリアはレフトからのクロス、フェイントで23-20。日本は石井選手のレフトからの時間差で切るもブルガリアはレフトからのストレートでマッチポイントを奪い、最後はサービスエースで25-21でブルガリアがセットを取り1-1のイーブンへ。

GalleryPic (40)


第三セット、中川選手のレフトからのブロックアウトからブルガリアのタッチネットで2-1。ブルガリアはレフトからのクロス、石井選手のタッチアウト、岩坂選手のサービスエース、ブルガリアのレフトからのクロス、奥村選手のクイック、石井選手のレフトからのアタックをブロック、長内選手のバックセンターでラリーを制す。小幡選手が必死で繋ぐも返球アウト、奥村選手のブロード、サービスエースでブレイクし8-5で日本リード。
長内選手のレフトからのクロスがアウト判定で日本チャレンジも失敗。ブルガリアサービスエース、ライトからのクロスで8-8の同点とし、更に長内選手のレフトからのアタックをブロックし9-8と逆転し日本タイムアウト。長内選手のレフトからのブロックアウト、ブルガリアのレフト、ライトからの連続アタックでアウトで11-9と逆転しブルガリアタイムアウト。ブルガリアのレフトからのアタックアウト判定でブルガリアがブロックタッチのチャレンジ成功。長内選手のライトからのクロスで切ると、ブルガリアのダブルコンタクトで13-10。更に石井選手がレフトからコートの隙を狙ったソフトアタック、ブルガリアはレフトからのフェイントで切ると、日本は岩坂選手のクイックで応戦。ブルガリアはレフトからのクロス、中川選手のライトからのアタックで16-12と日本がリードする。
日本18-12とリードを広げブルガリア二回目のタイムアウト。ブルガリアはレフトからの足の長いアタックで切ると石井選手のレフトからのアタックアウトでブレイク、ブルガリアのミスから石井選手のバックセンター、さらに石井選手のサービスエースなどで22-14とリード。ブルガリアはブロックで切るとレフトからのフェイントを巡り日本語チャレンジ失敗で22-17。日本は長内選手のレフトからのアタックで切ると、リリーフサーバー関選手を投入。ブルガリアは鋭角なクロス方向のブロードで切るも、長内選手のレフトからのアタックアウトで19-23。日本は岩坂選手のライトからのクロスでセットポイントを奪うと最後はブルガリアのライトからのアタックアウトで25-19で取り、王手をかける。 


GalleryPic (42)

第四セット、ラリーの応酬からブルガリアタッチネット、長内選手サーブアウト、日本ダブルコンタクト、ライトからのクロス、レフトからのフェイント、石井選手のレフトからのアタックをブロックしブルガリア5連続得点で5-1とし日本タイムアウト。
日本は石井選手のレフトからのブロックアウトや、懸命にディグで繋いで相手のミスを誘い5-7に迫るも、石井選手のレフトからのアタックアウトで5-8と3点を追う。
懸命にディグで繋ぐ日本にライトからのストレート、石井選手のアタックアウトで10-5とリードするポーランド。日本はここで早くも二回目のタイムアウト。鍋谷、関選手を投入。ブルガリアが12-5とリードし、途中出場の鍋谷選手のアタックとブルガリアのタッチネット、長内選手のレフトからのクロスなどで9-12に迫りブルガリアタイムアウト。
ブルガリアのサイドアウトから長内選手のコート奥を狙ったハーフスピードのアタック、ブルガリアのレフトからのアタック、鍋谷選手のライトからのブロックアウト、鍋谷選手のサーブアウト、長内選手のタッチネットでブルガリアブレイクし11-16と5点を追う。
長内選手のサーブで崩して岩坂選手のブロック、ブルガリアはレフトからの連続アタック、岩坂選手のアタックアウトで19-14と突き放すと。更に鍋谷選手のアタックをブロックし20-14。日本は長内選手のバックセンター、ブルガリアのアタックアウト、奥村選手の連続ブロックで18-20。さらに石井選手のレフトからのブロックアウト、関選手のサービスエースで20-20の同点。ブルガリアは石井選手のレフトからのアタックをブロックして切ると鍋谷選手のレフトからのアタックアウトと更に1点加え23-21。日本は鍋谷選手のレフトからのアタックとブルガリアのアタックアウト、鍋谷選手のブロックで23-23の同点とし、奥村選手のトスから鍋谷選手のライトからのアタックでマッチポイント。最後も鍋谷選手がライトからのクロスを決め、25-23で逆転。3-1で初戦を飾りました。

・ベストスコアラー
石井優希選手(日本)

GetImage (6)

19得点

正直、あれだけミスの多いブルガリアに攻めこまれたりと反省材料の多い試合でしたが、ディグで懸命に粘り、最後は逆転して勝利したりと見るべきところも多い試合でした。
ブロックは日本8、ブルガリア13と被ブロックがやや多め。アタックは日本55,ブルガリア52と打ち勝ちました。

石井選手がエースとして引っ張りましたが、途中から入った鍋谷、関選手に助けられたりという側面もありました。長内選手が16得点、奥村選手が12得点、岩坂、中川選手が8得点ずつとまんべんなく得点出来たところはよく、鍋谷選手のパフォーマンスが戻って来ました。今年はやってくれそうです。

とにかくフルセットにさせず第四セットで決めたのが最大の収穫です。これから続々強敵が出てきますが、勝ったことを次への糧としたいです。

頑張れ、ニッポン!



※ライブ配信がございます→https://www.facebook.com/youlikeclippapern/videos/668073000295622/


・プール3 
ブラジルラウンド

GalleryPic (43)


5:00〜

○ドミニカ共和国
世界ランキング10位
3-1
(25-21 22-25 25-18 28-26)
ロシア
世界ランキング5位

バルガス、カスティージョ選手など一部のベテランが外れているドミニカ共和国。ロシアはコシェレワ、ゴンチャロワ選手の二枚エースが不在。
最後は接戦を制しドミニカ共和国が勝利。 

TheDominicanRepublicsBrayelinMartinezspikes


・ベストスコアラー
ブライエリン・マルティネス選手(ドミニカ共和国)

20180516_213123

24得点




8:00〜

○ブラジル
世界ランキング4位
3-0
(25-15 25-21 25-21)
中国
世界ランキング2位  

タンダラ、ナタリア、タイーザ選手もいないブラジル、引き続きシュ・ティ、エン・シンゲツ選手ら主力抜きの中国との一戦はブラジルがストレート勝ち。

BrazilsMaraLeaospikes (1)


・ベストスコアラー
ガビ・ギマラエス選手(ブラジル)

GetImage (8)

20得点


 



・プール4 
セルビアラウンド
 
BrankicaMihajlovicSRBspikes


0:00〜

韓国
世界ランキング9位
0-3
(15-25 26-28 19-25)
○トルコ
世界ランキング12位

韓国もキム・ヨンギョン選手不在。ここは様子見。トルコはエース、メリエム・ボズ選手投入。クラクルト選手など主力を多く投入し勝ちに来ている。ワールドカップ出場の有無で仕上がりや陣容の違いが出そう。韓国が強くなっているのか、トルコが目一杯か、考えどころだが、トルコは主力に実戦経験を積ませたい方針らしい。ここにベテランが絡んでくると手強い存在。

TurkeysFatmaYildirimscores


・ベストスコアラー
エブラル・クラクルト選手(トルコ)

Ebrar Karakurt

19得点





3:00〜

○セルビア
世界ランキング1位
3-0
(25-15 25-22 25-19)
オランダ
世界ランキング7位

ボシュコビッチ、ミハイロビッチ選手を早くも投入のセルビア、スローティエス、プラク選手不在のオランダ。立ち位置の違いが歴然。
セルビアがワンサイドでも鵜のみに出来ない。

GalleryPic (43)


・ベストスコアラー
ティヤナ・ボシュコビッチ選手(セルビア)

GetImage (7)

25得点

※結果は随時、更新いたします。