全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

カテゴリ: セッター

本稿では今年2018年、新たに加わる新戦力、或いは復帰組、故障でシーズンを棒に降ったなども含めた選手を紹介していきます。

第五回の今回はこの選手。
田代佳奈美選手です。 

20180609_154840

田代選手に新参入の言葉はふさわしくない。
それもその筈、既にオリンピアの称号も得ている。それも、数少ないチャンスを物にする強運の持ち主。

この場合、中田ジャパン新参入の意味を差す。

そんな田代選手は中学時代長野県代表に選出されJOCカップの優勝に貢献。名門・古川学園高校に入部を果たすと、春高準優勝を果たし、アジアユースにも出場。ここでも優勝を果たす。

そんな彼女が卒業後の進路に選んだのは当時、黄金時代だった東レアローズ。今年行われるアジアカップのメンバーとして2012年時に出場を果たしている。 
この時出会ったメンバーに長岡、石井、大竹、鍋谷選手たちがいる。

20131007-1


ロンドンオリンピックでの全日本女子バレーボールチームが銅メダル獲得を果たしたその翌年となる2013年、田代選手は第二期眞鍋ジャパンのメンバーとして選出され、第1回U-23世界選手権のキャプテンとして出場。見事銅メダルを獲得。この時のメンバーに島村、鍋谷、高橋、古賀、伊藤選手たちがいて、のちに全日本シニアへステップアップを果たしている。

この前後の事情は、「彼女はバレーボーラー」の「月刊 田代佳奈美」に詳しい⇒http://volleyballplayer.blog.jp/archives/17933897.html

中道瞳選手の後を受け、東レのレギュラーセッターとして活躍。2016年、OQTの最終戦・オランダ戦で全日本デビューを果たすと、フルセットの末撃破し、日本の予選二位通過に大きく貢献。
この時の活躍が認められ、リオデジャネイロオリンピック出場を果たした。

一発勝負に強いイメージのある田代選手だが、体制一新された中田ジャパンの初年度メンバーに田代選手の名前はなかった。

[画像:1fb2a3c4-s.jpg]

木村沙織、迫田さおり両選手を欠き、優勝から遠ざかっている東レは2017/18シーズン、堀川、黒後選手にケイディ選手体制で連敗スタート。サーブレシーブが安定すると成績が上昇。チームは白井選手を育てたい意向であったが、中盤以降結果が伴わず、田代選手の出番が増える。

この時の活躍が認められ、田代選手は全日本へ一年ぶりに復帰する。

そんな田代選手にいきなりチャンスが訪れた。昨年活躍した佐藤美弥選手が肩の故障で出遅れ、田代選手が抜擢される。

苦戦続きのネーションズリーグではあったが、田代選手は同大会のメインセッターを務め復活の兆しを見せ、ベストセッターランキング5位につけた。

ハイライトは第四次ラウンドのタイ戦。
OQT以上の大激戦となったこの試合で、日本は最終セット20点を越える熱戦を制する。

のちにアジア競技大会でのストレート負けを思えば、大きな分岐点となる試合でもあった。

96e31553


その後、佐藤美弥選手の復帰もあり、アジア競技大会では出場機会に恵まれなかったが、今は世界選手権に向けて虎視眈々とチャンスを伺う。

現時点では今年一年で最もパフォーマンスの良かった全日本セッターである以上、有資格者だ。

KanamiTashiroCofJapansetstheballduringagameagainstItaly


来季は長らく活躍した東レを離れ、井上、斉田選手らとともにフェルハトコーチの所属チームであるルーマニアのCSMブカレストにて活動することが決まっている。

後顧の憂いもなくなり、あとは東京オリンピックへの切符を掴むだけ。

自身二回目のオリンピック出場はなるか?
そして二回目はどんなオリンピックとなるのか?

すべてはこれから。
頑張り次第。






これまで、再三に渡り今後の全日本のキーマンは荒木絵里香選手と長岡望悠選手であることを記載してきた。

ただ、後半にかけて鍵を握る選手はまだ沢山いる。

その選手のひとり、佐藤美弥選手。

image


昨年、ワールドグランプリ2017のブラジル戦で日本6年ぶりの勝利に貢献した立役者。
このワールドグランプリでの活躍が認められ、以後全日本に定着。

今年のネーションズリーグではメンバーに外れたが、全日本の合宿に合流。

アジア競技大会〜世界選手権における日本の浮沈の鍵を握るキーマンのひとりである。

IMG_20180629_095916


昨年の全日本では佐藤選手と冨永選手が全日本セッターの両軸として活躍したが、一長一短で決め手を欠いていた。

今季はそこに田代佳奈美選手が加わり、頭ひとつリード、とは言うものの大差はなく、レギュラーセッターの争いは混沌としている。

中田監督によれば、この3名のセッターを競争させ、世界選手権に向かうとのことだが、トス質が最も良いとの評価を得るのが佐藤選手。

佐藤選手の特徴は速いトス回しから繰り出す高速コンビが武器。所属する日立リヴァーレを準優勝に導いた実績を持つ。

[画像:a9cbc556-s.jpg]

佐藤選手は日立リヴァーレのキャプテン2年目。Vリーガーとして、全日本選手として心中期するところがある筈。

他のセッターにはない、高さを併せもつ速いトス回しは、今の全日本の目指す方向、展開を変える意味でも重要な存在。

当面はアメリカ遠征まで合宿が続くが、まずは8月のアジア競技大会に全力投球。


また、今季全日本に選出された選手の中で、是非とも使って欲しい選手がいる。

今村優香選手だ。

IMG_20180701_132841

先日のサマーリーグ西部大会でも第二セット18-24から5連続得点の中心としてアタックを量産。昨年のVプレミアリーグでも水を得た魚のようにベストスコアを記録し、野本選手とともにレフトの一角で活躍した。

DSC03279


国際経験も豊富で機は熟している。
勿論、抜擢があってこその話だが、足りないのはリーグ実績だけ。

そろそろお声が掛かっても良い頃だ。

サイトアタッカーは狭き門だか、飛躍のきっかけを掴みたい。

果たして、全日本のかくし球となれるか、今後の頑張りに注目したい。



出生魚は躓いた。

これまで何度となく全日本の期待を背負ってきた。

ポスト竹下、最年少全日本の重圧。

大会を外れることも少なからずあった。


挫折することもあった。

だが、その都度這い上がってきた。

常にライバルは年上。
チームメイトも先輩ばかり
だが、見据えるは世界。


そう、世界一のセッターを見据えて。

宮下遥選手。



[画像:7e80bb2b.jpg]

普通のバレーボーラーが春高を目指し、高校進学を目指す頃、彼女は既に14歳と8ヶ月でVプレミアリーグのコートに立ち、15歳で全日本シニアに招集された。

言うなれば、飛び級である。


[画像:990c2510.jpg]

世界最小・最強セッターのポスト一番手と目された彼女は常に第二期線眞鍋ジャパンの最前線にいた。



長岡望悠選手や大竹里歩選手は当時からの仲間。

年上ばかりで戸惑う中、初めて声を掛けてくれたのが長岡選手。いずれ全日本の中心となるよう、切磋琢磨していく。





ライバルも都度変わっていった。


[画像:c5dce5ed-s.jpg]

橋本直子選手。

中道瞳選手。

古藤千鶴選手。

田代佳奈美選手。



全部年上、Vプレミアリーグのライバルチームのレギュラーセッター。


そして今年も

冨永こよみ選手。
佐藤美弥選手。



相変わらず、年上がライバルなことは変わらない。

ただ、これまでと違うのは
宮下選手が一番
全日本経験が豊富だということ。



しかし、新体制となった全日本に
それは通用しない。



彼女にとって東京オリンピックを目指す
初めの年は試練となった。

チームは低くて速いトス。
レセプションアタックに力を入れる。
そして、ミドルとのコンビ。

ここでライバルたちに遅れを取る。

だが、焦ってことを構える必要はない。

あとは、自分自身で今の現状を考え
どうやって打破していくか?



恐らく、苦境を楽しむことが出来た暁には
何らかの答えが出るだろう。

それはもしかしたら、今年ではないかもしれない。 


[画像:c2981eb3.jpg]

宮下選手は冨永、佐藤選手の三人の中で最も身長が高く、ディグもサーブも良い。

あとは課題のミドル使い。


ここをどうやって克服していくか?


課題が決まっている以上、そこから先は本人の努力次第。


監督は宮下選手と同じ
15歳で全日本入りした第一人者。

宮下選手の気持ちは
中田監督が一番良く知っている。



誰よりも厳しい監督だから
自らの腕と努力で納得させるだけ。

全日本の復権、岡山シーガルズの優勝。
やるべきことは多い。

どんな道筋を歩んでも
目指すのは、あくまで世界一のセッター。

[画像:23ebd1e5.jpg]

最後まで望みを捨てなかった者に
道は開ける。



何のこれしき、超えてやるさ。

未来は君の掌の中。

今年、2シーズン振りにVプレミアリーグ復帰を叶えたJTマーヴェラス。

初年度からいきなり優勝争いに加わり、一時はトップを快走した。

そのJTマーヴェラスの司令塔は、今年全日本でも二年目を迎えるコンビバレーの申し子、田中美咲選手。

image


彼女は国学院栃木高校出身。
後輩に岡山シーガルズの大型セッター・宇賀神みずき選手がいる。

春高、インターハイで活躍した田中選手が選んだ進路は名門・嘉悦大学。

image


その時のチームメイトは現在もチームメイトとして活躍する寺井有美選手。
大学3年当時、念願の全日本インカレで大学日本一を果たし、セッター賞を受賞。
ユニバーシアード代表としても活躍。

二人は揃ってJTマーヴェラスに入団。
だが、難しい時期の入団となった。

当時、JTは低迷しており、チャレンジマッチで上尾メディックスに敗れ、チャレンジリーグ降格の憂き目に遭う。

チームは転換期に合った。

image


翌、2014/15シーズン、早くもレギュラーを獲得したJTは17勝1敗の好成績で優勝を飾り、チャレンジマッチでトヨタ車体と対戦。
初戦をフルセットの末先勝。しかし、第二戦を3-1で落とし、プレミア復帰を逃す。

この悔しさを晴らすべく、同年の黒鷲旗大会では連日のフルセットの大逆転で制し、迎えた決勝戦、因縁のトヨタ車体をストレートで降し、史上初のチャレンジリーグからの優勝チームの快挙を果たす。

しかし、その喜びに浸る間もなく、吉原知子監督が新監督に就任。チームのてこ入れだった。

image


吉原新体制の下、JTはそれまでの練習量を大幅に増やし、闘う集団に変貌。
勿論、その司令塔は田中選手。
何と2015/16シーズンはチャレンジリーグで全勝優勝を果たすと、迎えたチャレンジマッチの対戦相手は因縁の上尾メディックス。

再三競り合う場面にもJTは一向に怯まず、二戦ともストレート勝ちを収め、遂に待望のプレミア復帰を果たす。

更に続く黒鷲旗大会を連覇。

まさに、プレミアに下克上を仕掛けるJTの姿がそこにあった。

そして迎えた注目の2016/17シーズン。
開幕戦の相手は女性監督・多治見麻子さん率いるトヨタ車体クインシーズ。
しかし、初陣のトヨタ車体を一蹴し、幸先の良いスタートを切ると、早くも優勝戦線に加わる。

image


しかし、日本最高峰のプレミアは甘くない。
エース潰しやサーブレシーブを狙われ、持ち前のコンビを封じられるとズルズル交代。
一時は5位にまで落ち込んだ。

ここでJTはサーブレシーブにてこ入れし、井上選手をレシーバー兼ピンチサーバーの切り札と配置転換。2レグ以降見違えるようにサーブレシーブが回復し、チームは4位に復帰した。

しかし、オヌマー選手を体調不良で欠く中、奮戦するJT。だが、最終戦の日立戦を待たず、無念のファイナル6敗退が決定した。

この試合が不思議な試合となった。

ファイナル3進出で気が抜けた日立と、最後まで望みを捨てないJT。

気力を取り戻した日立との試合はまるで、優勝決定戦のような熱戦となり、JTは勝って最後を締めくくった。

勿論、全セット田中選手が出場し、チームメイトと涙の勝利を勝ち取った。

image


これがシーズン最後の試合となった。
そして、田中選手は二年連続で全日本の切符をつかみ取った。

目下のライバルは3人。

全日本で最もキャリアのある宮下選手。
高速コンビの申し子、佐藤美弥選手。
そして、上尾メディックスをVプレミア昇格へと導いた冨永こよみ選手。

コンビバレーを信条とする田中選手の一番の武器は、もしかしたら「勝ちきる経験」かもしれない。

本人も意識する「東京」
それへの重要な一年。

まだ横一線のスタートライン。
ここでも勝ちきる。

全てはオリンピアへの第一歩を掴むために。
目指せ、東京へ。

image


蒼き空のように、志天高く。

今季の全日本シニアに招集されたセッターは4名。

特に期待されるのは早かった。

嘉悦大学生だった2010年当時、既に全日本シニアに選ばれている。

期待の長身セッターも、今季ではや6年目。
今年は長身セッター見直しの年。

高速コンビの申し子と言えば、日立リヴァーレの躍進を担った佐藤美弥選手。

image


今季で2年連続の全日本シニア招集となった。

まさに機は熟した。

そんな佐藤美弥選手と言えば、聖霊女子短大付属高校時代、江畑幸子選手らとともに春高やインターハイで活躍。

image


高校卒業後、嘉悦大学に進学した佐藤選手は2010年全日本シニアに初選出。江畑選手はチャレンジリーグ時代の日立リヴァーレへ入団。

二人が再びチームメイトとなるのは2011年。チームは2012/13シーズンにプレミア昇格を果たし、佐藤選手は翌年2013/14シーズンよりレギュラーセッターとして活躍する。

image


2014/15シーズンから松田明彦監督体制に変更すると、チームは超高速コンビバレーを標榜。初年度こそ苦戦傾向にあるも二年目となる2015/16シーズンで開花。ルーキー渡邊久恵選手や、遠井、内瀬戸選手のレセプションアタッカー陣も固まり、ファイナルまで駒を進める快進撃。勿論、司令塔は佐藤選手。

image


惜しくも準優勝に終わるも、日立はプレミアの上位陣に初めて名を連ね、優勝候補の一角に躍り出る。

それまでチームを支え続けたパオリニ選手に代わり、CJことカースティ・ジャクソン選手を迎えた2016/17シーズン。

image


日立は開幕戦の久光戦こそストレートで落とすも、ジャクソン選手とのコンビが合い始めるに連れ快進撃。


そして佐藤選手のもうひとつの武器と言えば試合の流れを変える必殺サーブ。



メンバーも固まり、2016年最終戦で因縁の久光をストレートで破り、年内を首位で折り返す。

image


ところが日進月歩のVリーグ。
サーブ、サーブレシーブの強化など各チームの強化に加え、高さのない弱点を突かれ始め、更にエース渡邊選手が故障。
年明けから調子を落とし、勝敗、ポイントともに久光と同点ながら僅差で3位に後退。
迎えたファイナル6もNEC、久光に連敗スタート。東レ、トヨタ車体に連勝して踏ん張りファイナル3進出を決めるも、最終戦のJT戦をフルセットの末落とし、暗雲が垂れ込める。

image


長岡選手を欠く久光とのファイナル3は下馬評日立が有利。しかし、久光のライト新鍋選手、レフト野本選手の起用を始め、総力戦で来る久光の前に連敗を喫し、日立の2年連続ファイナル進出の夢は途絶えた。

松田監督の下、高速コンビの要として多くを得た佐藤選手に落ち込む暇はない。

佐藤選手には次なるステップが待っている。
それは勿論、全日本。

特に今季、中田監督は大型セッターの育成に力を入れると明言。

175cmの佐藤選手を含め4名が新生全日本で凌ぎを削る。特に今季は東京オリンピックへの再スタートへの大事な一年。

まずは当面、黒鷲旗。
そして、全日本。

image


やるべきことは多いが、このチャンスどう活かすか?

日立をトップチームに押し上げた高速コンビの申し子が、本領発揮する日は近い。


このページのトップヘ