全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

カテゴリ: ミドルブロッカー

本稿では今年2018年、新たに加わる新戦力、或いは復帰組、故障でシーズンを棒に降ったなども含めた選手を紹介していきます。

第一回の今回はこの選手。
芥川愛加選手(JTマーヴェラス)です。

FB_IMG_1521767436775

芥川選手といえば、長岡望悠選手と同じ東九州龍谷高校出身。

所謂「伝説の東龍」のひとりとして、春高、インターハイ優勝をはじめ、アジアユース、アジアジュニア選手権優勝など輝かしい実績を誇り、天皇杯・皇后杯ではVプレミアリーグの各チームをバタバタと倒す快進撃で勇名を馳せた。

20180323_101830



コートネーム:アイカ

生年月日:1991/04/03

身長(cm)180.0

最高到達点(cm):303.0

サージャントジャンプ(cm):46.0

出身地:熊本県宇土市

出身校・前所属チーム:
東九州龍谷高校

そんな芥川選手が全日本に登録されたのは2010年のこと。高校卒業後はJTマーヴェラスに入団。

芥川選手が入団したい2010/11シーズンはエース・キム・ヨンギョン選手と竹下佳江選手のコンビ。大友愛選手も在籍し、黄金期を迎えていました。

20180323_101550

しかし、翌シーズン以降チームは低迷期を迎え、2013/14シーズンは7位に終わり、上尾メディックスとのチャレンジマッチに敗れ、チャレンジリーグ降格の憂き目に遭います。

チャレンジリーグに降格すれば敵なしのJTは2014/15シーズン、芥川選手は奥村選手とともにミドルの中軸として活躍、チームは17勝1敗の好成績で優勝し、トヨタ車体クインシーズとのチャレンジマッチに挑む。
第一戦をフルセットの末に破ったJTだが、続く第二戦3-1で敗れプレミア復帰を逃す。

この無念をバネに続く黒鷲旗大会では、並みいるプレミアの強豪をなぎ倒し、決勝戦では因縁のトヨタ車体をストレートで破り、史上初のチャレンジリーグチームとしての優勝を飾る。

20180323_102013


が、それでもチームはてこ入れを図る。

吉原知子監督の招聘である。

チームをプレミア復帰させることを第一に考えての更なる強化である。

迎えた2015/16シーズン。
JTは向かうところ敵なしの快進撃を続け、21戦全勝優勝を達成。
芥川選手はJTの切り込み隊長としてアタック決定率1位、ブロック決定本数2位の好成績を収め、スパイク賞、MVPを獲得。 
更に因縁の上尾メディックスとのチャレンジマッチでは、上尾に押される場面もありながら二戦ともストレートで破り、悲願のプレミア復帰を実現。
更に黒鷲旗大会も連覇し、最高の形でのプレミア復帰を果たした。

20180323_102139

ところが、好事魔多し。
芥川選手は故障により翌2016/17シーズンの開幕に間に合わず、ようやく復帰したのはファイナル6に入ってから。

チームはファイナル3進出を逃すも、初年度4位と健闘を見せた。

しかし、これで満足するようなJTではない。

芥川選手は満を持す形で翌2017/18VプレミアリーグにてJTのレギュラーとして開幕スタメンに名を連ね、チームの躍進に貢献。
課題であったミハイロビッチ選手の攻撃力を生かすべく、奥村選手とともにコンビバレーを展開。
サーブレシーブの安定も相成って、チームは独走を続ける久光を追走。レギュラーラウンド2位でファイナル6に進出する。

FB_IMG_1521767411257

JTはファイナル6でも全勝を続け、ここまで公式戦全勝の久光と最終戦で私有を決することになった。

そして、今年最大級のドラマを生まれる。

JTは強化していたサーブとブロックが機能。
芥川選手は奥村選手ともに5ブロック、1サービスエース、13得点を上げ両ミドルが機能。課題のサーブレシーブでも7割超えと久光を凌駕。3-0のストレートで、遂に無人の野を行く久光の連勝記録をストップさせ、勇躍ファイナル進出を決定させた。

DSC02054


チームのスローガン
「何がなんでも優勝」へ大きく前進した。

しかし、久光はそれほど甘い相手ではなく、分厚い壁として立ちはだかった。

ファイナル3に向け課題のサーブとブロックを強化した久光はトヨタ車体を二戦ともストレートで破り、リベンジに燃える。
ファイナルでは久光にサーブで先手を取られ、お株を奪われる形で第一セットを落とし、ようやくエンジンが掛かってきたのは第二セット以降。しかし、競り合いでもリベンジに燃える久光に屈し初戦をストレートで落とす。

20180323_101626

一週間のインターバルを経て臨んだ第二戦。チームは内定選手の林選手を抜擢するも、久光の先制攻撃の前に第一セットを落とし、挽回を図るも久光の前に無念のストレート負けを喫し、JTの2017/18シーズンは終わった。

だが、この健闘は無駄ではなかった。

芥川選手は年間を通じ、奥村選手ともにJTの切り込み隊長として活躍。チームメイトの奥村選手と遜色ないアタック決定率9位、ブロック決定本数でも4位にランクされ、2010年以来の全日本への切符を勝ち取った。

数年前まで失意の中にいたチームから目標をひとつずつクリアし、頓挫しても尚、トップを見つめ続けたご褒美が、全日本という形で現れた。

DSC01851

果たしてこれからが本領発揮かどうか、それは芥川選手の努力次第。
 
ただ、やることは変わらない。
上を見続け、前進あるのみ。

2018年の芥川選手に注目したい。


2017年、装い新たに東京オリンピックに向けてスタートした全日本女子バレーボールチーム。

中田監督の下、チームは大幅な入れ替わりも見られた。

目指すは東京五輪。
一度は煙に巻いたが、その心は全日本に向いた。

今季はもう見られないと思っていた全日本のユニフォーム姿。

数多くの同胞が全日本から姿を消す中、この選手はそんなことどこ吹く風。

誰が何と言おうと、ぶれない、ずれない、見失わない。

ロンドンオリンピックキャプテン・荒木絵里香選手。

[画像:41747247.jpg]

3回のオリンピック、伝説のメダリストが再び全日本のコートに戻ってきた。

これまでの輝かしい実績は何度となく語り継がれてきた。

同期はあのメグカナ。
日本のバレー史上でも極めて稀な大型選手の当たり年。

荒木選手もまた、エリートだが、挫折もした。

アテネオリンピックの選考から漏れている。
ブロードをマスターしなさい。

一念発起した荒木選手は海外武者修行を挟み、一回り大きくなって帰って来た。



[画像:547d4174.jpg]

そして掴んだ北京オリンピック。
荒木選手はベストブロッカーに輝く。

そして体制が一新された眞鍋ジャパン。
荒木選手はキャプテンに就任。

荒木選手は眞鍋監督の打診にこう答えたそうな

「私、反発しますよ」

眞鍋監督はこの答えに、大いに反発してくれ、と答えたという。

女子は自分ひとりが突出して目立つことを嫌がる。

そんな集団を纏めるには意思表示のはっきりしている選手が適任。

だが、そんな経緯でキャプテンに就任した荒木選手も一度はキャプテンが嫌になったとか。

当時、大友愛選手と井上香織選手がレギュラーとして活躍しており、荒木選手は控えに回っていた。このことを苦にした荒木選手は眞鍋監督にキャプテンを降りたいと直訴したらしい。

しかし、眞鍋監督はキャプテンは荒木選手しかいないと説得し、それ以降折れることはなかったという。

当時の全日本は元キャプテンの竹下佳江選手がおり、荒木選手をバックアップするよう依頼されていたらしく、明るくコミュニケーション能力の高い大友愛選手がムードメーカー。

そして、木村沙織選手と江畑幸子選手がエースと、役割分担がしっかりしていた。

そうした中、バランスの取れたこのチームは世界バレーで銅メダルを獲得。ワールドカップではブラジルとアメリカを破る殊勲の星で4位。

OQTでは最後までもつれたものの、何とか突破。伝説のロンドンオリンピックへと繋がっていく。

[画像:e86b0026.jpg]


 

ロンドンオリンピックは、荒木選手にとって大きな転機となった。

結婚、出産、そして、復帰へのプロセスだ。

ロンドンでは大友愛選手の前例があったが、これほど短期間での復帰例は珍しい。

新体制となった第二期眞鍋ジャパンにあって荒木選手の登録がなかったのは2014年だけ。

実際、荒木選手が復帰したのは2014年。
上尾メディックスで復活した。

[画像:8df830eb.jpg]




ここでもいきなり14得点をあげ、健在ぶりをアピール。

翌2015年、全日本へ登録されるも、この年は見送り。そして2016年、リオデジャネイロオリンピックを目指す荒木選手の姿がそこにあった。

高いブロックと強烈なクイック、ブロードで健在ぶりをアピール。リオでも苦戦する日本の中で何本もブロックを決め、気を吐いた。
だが、準々決勝で敗れ、荒木選手の3回目のオリンピックは幕を閉じた。


 
[画像:e82bda7c.jpg]

号泣する木村沙織選手を慰め、ともに涙する荒木選手の姿がそこにあった。

2016/17シーズン。
トヨタ車体クインシーズの一員として奮闘した荒木選手に更なる朗報が届く。

[画像:2b749c62.jpg]

中田監督率いる新生全日本のメンバーとして荒木選手は名を連ねた。

当初、記者会見にも参加せず、第一期合宿でも確認されず、登録のみと思われた。

しかし、背番号5はアジア選手権で帰って来た。

強烈な大砲のようなクイックも、そしてブロックも健在。
以前と少しも変わらぬ荒木選手の姿がそこにあった。

ハイライトは決勝戦。
OQTでも苦戦を強いられた因縁のタイ。
第一、第二セットを先制され、絶体絶命。

荒木選手は第二セットスタートから出場。
力強いクイックやブロック、ブロードで奮闘。第三セットから形成を入れ替えた日本が大逆転で勝利を奪い、チームはアジアナンバーワンの称号を勝ち取った。

[画像:b6e9ac25.jpg]

アジア選手権で二回優勝したことのある現役選手は荒木選手だけとなった。

そしてこれより2009年以来のグラチャンへと駒を進める。

果たして荒木選手がこの後、東京オリンピックを目指すのかどうか、それは分からない。

ただ、全日本のコートにいる以上、権利はある。

既に3回のオリンピック、メダリスト。
東京の頃には娘さんは小学一年。

母の勇姿を目に焼き付けるために
荒木選手の4回目のオリンピックへの挑戦は始まった。

自分が目指す、信じる道を突き進み、荒木選手のチャレンジは続く。

DGTuhyxVYAAGoBi


お母さんはメダリスト。
二回目はなるか?

今年、体制一新された新生全日本。
昨年までのレギュラー選手の多くが姿を消した。

そんな中、甲乙つけ難いのがミドル勢。

高さのある岩坂選手、最高到達点日本最高を誇る松本選手。
そしてスピードとブロックも冴える奥村選手。

そして、三回のオリンピック出場を誇るロンドンオリンピックのメダリスト。
元全日本キャプテン・荒木絵里香選手。

その中にあって、トレードマークのブロードで一際輝く島村春世選手。


[画像:71ce38ef.jpg]


 


この数年、全日本ではミドルでは点が取れない、が通説だった。
それを覆した一人である。

島村選手の全日本定着のきっかけは2015年。



[画像:3329a6ed.jpg]


 

この年からオーソドックススタイルに戻した全日本は躍進めざましいNECレッドロケッツより島村選手を抜擢。
ワールドカップの前哨戦・ワールドグランプリでチーム最多のブロック本数を引っ提げ、一躍本線出場を果たす。

この年のかつやくがきっかけで全日本に定着するのだが、更なる飛躍のきっかけは2016年。リオデジャネイロオリンピック・世界最終予選。


[画像:e921d83b.jpg]


 

リオ本線の人選を兼ねたこの大会にて、島村選手のハイライトは最終戦となったオランダ戦。

かつてU-23世界選手権でコンビを組んだ田代佳奈美選手は終盤、島村選手のブロードを多用。 チームで3番目となる15得点を上げ、合格点を出す。

この活躍でリオへの切符を掴む。
だが、オリンピックは甘くなかった。

日本は準々決勝で敗退。
ここで引退する選手と東京を目指す人間とに分かれた。

勿論、島村選手の目指すのは東京オリンピック。

ここで全日本女子バレーボールチームの監督が中田久美監督にスイッチ。

新たな人選のスタートとなる。

ところが、島村選手にとって2016/17シーズンは思う通りの活躍とは行かなかった。


[画像:ea593e23.jpg]

 

特にサーブを武器とする上野選手と併用される。チームは前半戦こそもうひとつだったものの、体制が固まり、サーブを主体とした攻撃力の上昇でグングン上向き。連戦連勝で堂々の首位通過をもぎ取る。

勢いに乗るNECはファイナル6も首位で通過し、迎えた久光製薬スプリングスとの死闘を共にフルセットで下し、2年ぶりの栄冠に輝く。

この活躍が認められた島村選手は新体制なった全日本へ駒を進める。

だが、一からリセットされた全日本。
ライバルも増えた。

新たな主将となった長身の岩坂名奈選手。
そして全日本最高身長を誇る松本亜弥華選手。
スピードとブロックが信条の奥村麻依選手。

ライバルも装い新たとなる中、島村選手は持ち味のブロードを活かして大暴れ。

ハイライトは中国戦。
この試合、3-1と敗れたものの、島村選手はスタートから名を連ね、獅子奮迅の大活躍。


[画像:bad1593c.jpg]


チームのベストスコアとなる21得点を上げる。

この数年間、全日本のミドルで20得点を超えた選手は見たことがなく、Vリーグでも滅多に見ないスコアを大一番で見せ、存在感を大いにアピールした。

続くアジア選手権。
ここで更に強力なライバル・荒木絵里香選手が全日本復帰。

しかし、島村選手の自信は揺るがない。
チャイニーズタイペイ戦で15得点を上げベストスコア。

アタックを決め、弾ける笑顔。
もう、点の取れないミドルとは言わせない。

そこにはリオデジャネイロオリンピックをへて、一枚も二枚も大きくなった島村選手の姿があった。



[画像:86c61160.jpg]



アジア王者として凱旋帰国した今、残すは今年最後にして、唯一の日本開催となるグラチャン。

既にオリンピアの称号を得た。
次に目指すはメダリストへの道。

伝説に残るチームの一員として
新たな東京オリンピックにその名を刻むために、全日本に島村あり、とその名を刻むために。

島村選手は闘いに身を投じていく。

ガッツプレイでチームを鼓舞し、熾烈なライバル争いに勝ち、東京オリンピックへと駒を進めるため。

その先にこそ、待ちに待ったメダリストへの道。

そのためにも、今はひたすら獅子奮迅の働きあるのみ。

今年の全日本は、これまで出場機会に恵まれなかった選手のリベンジである。

多くの選手がその機会を得られない中、彼女もまた、実力がありながら全日本との縁が薄かった。

そして今年、ようやくチャンスが巡ってきた。

2013/14Vプレミアリーグの新人王・奥村麻依選手。

image


実力は折り紙つき。
だが、巡り合わせが良くなかった。

そんな奥村選手は名門・誠栄高校出身。
同期は共にJTマーヴェラスで活躍した中村亜友美選手。

二人は春高やインターハイで活躍。
大学進学できる袂をわかつ。
再会は4年後。

image


そんな奥村選手が高校卒業後の進路に選んだのは名門・嘉悦大学。
田中美咲選手、寺井有美選手は後輩にあたる。
入学二年目の2年生当時、早くも全日本からお声が掛かる。その年のアジアカップにも出場。翌年ユニバーシアードにも出場。充実した活動を行う。
そんな奥村選手が新たな活動拠点と定めたのはJTマーヴェラス。ここで中村選手と再会する。

d_09830511


当時のJTは転換期を迎えていた。
充実期を迎えていた奥村選手はユニバーシアード代表として出場。ユニバのメンバーで出場したエリツィンカップではベストブロッカーに輝き、更にVサマーリーグでも敢闘賞を受賞。
そして、迎えたVプレミアリーグ2013/14シーズンでは新人王とブロック賞を受賞。
しかし、この年チームは7位と低迷。チャレンジマッチに出場するも上尾メディックスに敗れチャレンジリーグ降格の憂き目に遭う。

このことが奥村選手を全日本から遠ざけ、以後の2シーズンは、文字通りJT復活への歩みとなる。

image


チャレンジリーグでは格が違うJT。
2014/15シーズンは17勝1敗の好成績でリーグ優勝。奥村選手もスパイク賞、ブロック賞、そしてMVPの三冠を獲得。いよいよの機運が高まる。

しかし、迎えたトヨタ車体クインシーズとのチャレンジマッチでは初戦を3-2で破るも、第二戦1-3で敗れ、プレミア復帰はお預けとなる。

JTはこの無念を返す刀で黒鷲旗大会でぶつけた。

連日フルセット、怒涛の反撃でプレミア勢を蹴散らし、決勝の相手は因縁のトヨタ車体。これをストレートで破り、チャレンジリーグ葉津の同大会を優勝。

来年こそのJTに、あるテコ入れ人事かあった。
吉原知子監督の就任である。

JTに闘争心を植え付けるべくやってきた闘将の指導の下、ハードトレーニングを積み、JTは更にパワーアップ。
何と2015/16シーズンは21戦全勝優勝の快挙を成し遂げると、迎えたチャレンジマッチでは因縁の上尾メディックス。マーフィー、荒木選手を擁する強力ラインナップをも物ともせず、二戦連続のストレートで撃破。
かくして2シーズンぶりのVプレミア復帰を果たすと、続く黒鷲旗大会を連覇。

image


まさに飛ぶ鳥を落とす勢いにあった。

奥村選手はこの活躍が認められ、2016年全日本に復帰。再び充実期を迎えていく。

そして迎えた2016/17シーズン。
JTが躍動する。
開幕戦のトヨタ車体との一戦をストレートで撃破すると早くも優勝戦線に加わる。

しかし日進月歩のVプレミアリーグ。
弱点を研究される。
エース・オヌマー選手をアタックで狙われ、弱点のサーブレシーブで攻め立てられる。
JT得意のコンビバレーも、前に落とすサーブで奥村選手のブロードや速攻を封じる。
中盤でJTは低迷。5位まで後退した。

ここでJTは弱点を克服するためにリベロ井上選手をレシーバー兼ピンチサーバーに配置換え。田中瑞稀選手のサーブレシーブの成長もあり、年明けには再び首位戦線に加わる。
史上稀に見る僅差の末4位でレギュラーラウンドを通過したJTだったがエース・オヌマー選手が体調不良。橘井選手が抜擢され奮闘するもJTのファイナル3進出は絶たれた。

それでも、最後まで果敢に闘い抜くJT。
最終戦となった日立との一戦はフルセットの激戦となりJTが意地でこの試合を勝利。
涙のシーズンは終わった。

image


そして、奥村選手は全日本へと駒を進める。
彼女もまた、全日本ではまだ国内デビューがまだ、これから。

ミドルブロッカー再編元年とされる今季、やはり求められるのは機動力。
高さのある岩坂選手。
最高到達点317cmを誇る最長身の松本選手。
そして、リオデジャネイロオリンピック出場経験を持つ、ブロードがトレードマークの島村選手。

そして、奥村選手の4名がこのワールドグランプリで凌ぎを削る。

image


JTの切り込み隊長が、いざ、世界に挑む。
これから、置き忘れたものを取り戻すための闘い。

いよいよ、これから始まろうとしている。

戻ってくるのに随分掛かった。
日本人最長身を誇るミドルブロッカーとして
第一期眞鍋ジャパンで脚光を浴びた彼女は
2年を経て全日本に帰って来た。

新たなる全日本の高い壁として
再び世界に挑むは
岩坂名奈選手。

image


いよいよ久々に
全日本のユニフォームに袖を通す。

おっとりとした彼女だが
うちに秘めた闘志は相当のもの。
今年揃って全日本に復帰した
リサナナの相棒
親友の新鍋理沙選手とどこか似ている。

二人は励まし合い、切磋琢磨しながら
今日まで歩んできた。

そんな岩坂選手は、名門・東九州龍谷高校出身。

image


同級生は現在、PFUブルーキャッツで活躍する大型セッター・松浦寛子選手。
彼女の在籍当時、東龍はまさに黄金時代。
春高、インターハイを制し、国体準優勝。

ユースやジュニアでも活躍し、アジアユース、世界ユース、そしてアジアジュニアでも優勝し、勇名を馳せる金の卵。

そんな彼女が選んだ進路は久光製薬スプリングス。2009年1月に内定選手として入団すると同年4月、早くも全日本シニアからお声が掛かる。

image


2010/11シーズン途中から久光でレギュラーを獲得すると、2011年、若手選手の登竜門、モントルー・バレーマスターズで日本の初優勝に大きく貢献し、ベストサーバー賞を受賞。
更に同年のワールドカップで同期のチームメイト、新鍋理沙選手とともにリサナナコンビで大ブレイク。ベストサーバー部門2位、ベストブロッカー部門5位と大活躍。

二人は苦楽を共にした親友。

image


当時、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだった。

しかし、ライバルは多かった。

当時の全日本はキャプテン・荒木絵里香選手をはじめ、スピードと高い技量が売りの山本愛選手、ブロックとコンビに冴えを見せる井上香織選手と実力者揃い。

image


翌年のOQTではミドルの主力として奮闘し、ロンドンの切符を掴むも、残念ながら選考から漏れた。

それでも、日本屈指の高さを誇る岩坂選手には次世代ミドルの中心として期待が集まる。

ところが、第二期眞鍋ジャパンの方向転換は岩坂選手にとって、いやミドルブロッカーにとって逆風になった。

当時、ミドルで点が取れないことを懸念した眞鍋監督はミドルブロッカーを一人削り、オポジット二枚を同時にコートインタビューさせるMB1、更にセッター以外は全員アタッカーというハイブリッド6を投入。

image


ミドル選手にとっては狭き門となり、器用さが求められた。

この流れは岩坂選手に取っても無関係ではなく、彼女もまた2014シーズンを以て全日本を去ることとなる。

そんな岩坂選手にとって、やるべきことは多かった。

岩坂選手が久光製薬スプリングスでレギュラーを獲得した2010/11シーズン以降、チームは全盛期を迎えていた。

二連覇を挟む、優勝三回、準優勝三回、まさにVプレミアリーグの盟主たる王者として君臨。2015年世界クラブ選手権でのエジザージュバシュからの歴史的な大勝利も含め、まさに黄金期の中で不動のレギュラーとして活躍。2013/14シーズン、2015/16シーズンにはともに優勝に貢献し、ベスト6に輝いている。

image


image


そして迎えた2016/17シーズン。
岩坂選手にとっては、我慢の一年だった。

シーズン前半で故障し、2016年を棒に降る。年明けファイナル6には間に合ったものの、今度は母校の後輩である長岡選手が故障。
岩坂選手は奮戦し、日立リヴァーレとのファイナル3を制し、NECレッドロケッツとのファイナルに駒を進める。

image


ところが、その第一戦で肩を負傷。戦線離脱を余儀なくされ、優勝を逃してしまう。

しかし、転機は訪れる。

全日本女子バレーボールチームの新監督に恩師・中田久美さんが就任。

岩坂選手にかつて、「我が道を行け」と進言した中田監督は迷わず岩坂選手を指名。
2014年以来、2年の時を経て、ようやく全日本に帰って来た。

ファイナル以降、大事をとって試合出場はまだだが、目前にはチームの大目標である世界クラブ選手権を地元神戸で迎える。

相手は大敵揃いだが、金星を携えての全日本復帰を目論む。

そして、これから岩坂選手の全日本第二章が
始まろうとしている。

image


さあ行け、世界の舞台へ。
新しい時代をその手に掴むために。

このページのトップヘ